楽器買取専門業者を比較ランキング形式でご紹介!出張・宅配買取も口コミで評判【エレキギター・アルトサックスの査定にもおすすめ】

おすすめの楽器買取業者をご紹介します

こんにちは、週末にアマチュアバンド活動を何より楽しみにしている都内在住の35歳サラリーマンの男性です。

本来のパートはベースですが、年に1度は知人の頼みでハワイアンバンドでスティールギターも弾いてます。

じつは津軽三味線も習ったことがあって。

そう、わたしは楽器自体にとても興味があるんです。

「楽器オタ」といっていいほど、独身時代は、ボーナスが入るとつい楽器を購入してしまっていました。

しかし最近結婚した奥さんに「弾いてもいない楽器が家のスペースを圧迫しているなんて!」と処分を迫られることに。

大切にしていた思い入れの深い楽器もあり、価値のわからない業者に二束三文で買取られるのはイヤだなと思い、きちんと価値を認めてくれて、しかも良心的な楽器買取業者をさがしました

はじめはよくわからなかったのに、毎日調べていくうちに、良い業者や悪い業者がわかってきたんですよ。

せっかく調べたので、わたしのように愛する楽器を買取に出そうと検討しているみなさんにランキング形式で楽器買取業者の情報をまとめてみました

ぜひ参考にしてみてください。

楽器買取ランキング一覧!

専門スタッフによる出張買取・宅配買取・店頭買取

比較ランキング第1位は、みんなの楽器市場です。

専門知識を持ったスタッフで純粋な楽器買取専門店だからこそ適切な査定が期待できます。

店頭買取や出張買取だけでなく、宅配買取も対応可能です。

具体的な出張買取エリアは、関西、近畿、愛知、三重県となっています。

宅配買取なら、北海道から沖縄まで送料負担着払いで買取をしてくれるのです。

また、商談が不成立でも、出張費などの費用請求はありません。

商談成立なら、その場で現金払いですから、本当にお金を払ってもらえるかどうか不安になることもないです。

すぐに現金が欲しいという人にも適しています。

他にも、条件次第で買取アップなどのお得なサービスも行っているのが魅力の楽器買取専門店です。

第2位 中古楽器堂
全国展開の多店舗経営!店頭買取や出張買取にも対応

比較ランキング第2位は、中古楽器堂です。

大手リサイクルショップ「リサイクルマイスター」が運営しています。

一般的なリサイクルショップのように、あるとあらゆる品物を買取するのではなく、中古楽器堂は楽器の買取専門店として特化したサービスを行っているのが特徴です。

日本国内に限らず海外にも販売ルートがあり、取り扱える楽器も多種多様となっています。

日本国内で多店舗展開しているので、店舗に直接楽器を持ち込んでの査定や店頭買取も可能です。

他にも、宅配買取や出張買取にも対応しています。

ギターやベース、管楽器はもちろん、アンプや録音機器まで幅広く買取可能です。

音楽好きのスタッフも多数在籍しているのも、高額査定も期待できます。

買取可能な品目が多く法人買取や大量買取にも対応

比較ランキング第3位は、楽器の買取屋さんです。

楽器の買取屋さんは非常に多くの品目に対応してくれます。

電子ピアノのような大型商品も買取OKです。

大手リサイクルショップの、買取屋さんグループが運営しているので信頼できます。

さらに、夜22時まで営業しているため、時間が限られている人などには適している買取店です。

他にも、宅配、出張買取、店頭買取に対応しています。

さらに、法人買取にも対応し、一度に大量の楽器を買取してもらいたい人にもぴったりです。

出張買取、宅配買取なら、近くに楽器の買取専門店がないという人でも問題はありません。

バンドをやめたから、お気に入りのギターだけ残してあとは売ってお金にしたい人や、そのまま処分をするのはもったいないと考えている人は利用を検討してみてください。

第4位 大黒屋
総合リサイクルショップ!楽器からチケットまで買取

比較ランキング第4位は、大黒屋です。

楽器はもちろん、チケットやブランド品、金、プラチナや宝石、時計から電動工具までありとあらゆる品物を買取しているお店です。

電話で査定してもらえるだけではなく、メールやLINE査定などもあります。

宅配買取や店頭買取、出張買取などがあり、査定結果に不満があればキャンセル可能のため安心です。

もちろん、キャンセル料や、手数料などは必要ありません。

楽器の中には、古くなったもの、壊れたものなども少なくありません。

そのような楽器でも、大黒屋は対応してくれます。

基本的に、リサイクル店として全国展開を行っている企業のため、安心できる人も多いはずです。

大黒屋を利用するメリットやポイントにしてご紹介します。

LINE査定と関西圏なら出張買取可能な楽器買取店

比較ランキング第5位は、楽器買取ネットです。

関西のリサイクルショップ運営で、実店舗がなくWEB専門のお店になっています。

LINE査定サービスにも対応しており、長年、楽器の査定や買取を行ってきた熟練スタッフがいるため信頼性は高いです。

買取方法も、宅配、出張買取などに対応しています。

エフェクターのまとめ売りについてお得なキャンペーンを行っているのも魅力です。

宅配買取では、無料梱包キットが用意されおり、使用方法もホームページで紹介されているため困ることはありません。

宅配買取は全国対応をしているので、手軽に楽器の査定や買取を行えます。

買取上限額はなく、一つずつきちんと査定をしてくれるので安心です。

楽器買取を検討中の人におすすめしたい買取店の一つです。

楽器買取業者・第1位は『みんなの楽器市場』!



いかがでしたでしょうか、わたしが独断で選んだ楽器買取業者ランキング5!

堂々の1位は『みんなの楽器市場』でした!

■楽器に精通したスタッフが納得の買取金額を提示!

楽器の種類別に専門スタッフが在籍。楽器を高く評価してくれます。

純粋な楽器買取専門店。

買取の専門性も高く、他社に負けない買取金額を提示してくれます。

それこそが1位にランクインしたいちばんの理由ですね。

■宅配買取にはとくに力を入れている

全国展開により幅広い買取ネットワークを構築しています。

宅配買取、出張買取、店頭買取と買取方法も多様。

宅配買取は全国対応で、東海、近畿エリア(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県・愛知県・三重県)へは出張買取も可能です。

宅配買取ならば無条件で10%アップの査定額。

宅配買取に力を入れているお店なんです。

■すばやい入金も魅力。査定料、送料すべて無料

宅配買取に強く、商談成立後、その日の内にスピーディーに入金されるのでありがたいです。

しかも出張料、査定料、送料すべて無料

万が一商談が成立しない場合も費用はかからないため安心です。

思い入れのある大切な楽器はこのような楽器買取業者に買い取っていただきたいものです。

しかし、2位以下の楽器買取業者もとてもいい業者ばかりですので、よく内容を読み込んでいただき、ご自身の納得する業者を見つけ、大切な楽器を適正な価格で買い取ってもらってくださいね。

なぜ「楽器買取業者」に依頼するのがいいのか



楽器を手放すのに、どうして専門の楽器買取業者に依頼したほうがいいのかと言えば、それがいちばんメリットがあるからです。

竹笛だったら庭に埋めて終わりですが、エレクトーンのように大きな重い楽器なら処分するのもひと苦労、お金もかかります。

ヤフオクなどのネットオークションに出すのも、なかなかに手間がかかります。

買い手が現れないこともザラですし、ようやくあらわれた買い手からの入金が無いなどの、トラブルに巻き込まれる場合もあります。

ジモティーの「中古あげます・譲ります」のような、「不用品あげます」サイトも同じこと。

応募してきた相手が引き取り場所に現れないこともありますし、おかしな相手だったら、難癖を付けられたり、大なり小なりトラブルが発生する可能性も0とは言い切れません。

「近所にリサイクルショップがあるんだけど」という方、そこに楽器に目が利くスタッフがいますか?

わからない店員さんに査定されたら、おそらくは二束三文。

やはり専門性が無いショップでは適正価格は望めません。

買取品目に無いと買取自体を断られることもあるでしょう。

その点、専門の楽器買取業者なら楽器に精通したスタッフが適正な査定をしてくれます。

買取方法も選択肢があり、大きな重い楽器でも宅配買取や出張買取でラクに引き取ってもらえます。

ネット上やメールでのやりとりもかんたん

その上、販売で必要とするひとの手にわたるので、「大切な楽器をまた活かしてもらえる」というよろこびも味わえるんです。

安全な処分・買取方法と言えるでしょう。

楽器買取、トラブルを避ける方法



独立法人・国民生活センターのサイトに「宅配買取サービスのトラブルが増加しています!」という注意喚起情報が記載されています。

「宅配買い取りサービスは、梱包して送付するだけという手軽さの反面、『ウェブサイトの買い取り金額の例示を見て、高値で買い取られると思っていたら、かけ離れた金額が振り込まれた』『送ったはずの品物を紛失された』といった相談に見られるように、非対面取引特有のトラブルが発生しています」。
http://www.kokusen.go.jp/

もちろん、今回ご紹介している業者は知名度もさる事ながら、サービス品質にも優れているため、このような例には当てはまりませんが、楽器買取サービス以外での利用にも役立つ情報ですので、宅配買取に関するアドバイスをしましょう。

■一見高額で買い取られると思わせる表示があっても条件を細かく確認

・メールでのやりとりの中でしつこいくらいに確認する。

・査定・買取・送料・返送料等、費用に関する情報はしっかりと確認。

■送付する商品の記録を作っておきましょう

数点送付する、もしくは付属品などある場合、返送される前に、欠損・汚れ、・抜き取り等のトラブルを回避するために、点数や送付前の品質状態を画像として記録しておく。

■トラブルにあった際には消費生活センターに相談

見知らぬ宅配買取サービスを利用するときは、慎重に。

しっかりと確認や記録を取った上で利用するよう心がけてください。

楽器の買取査定金額を上げるには



大切な楽器ですから、少しでも高値で買取査定してもらいたいものですよね。

そのためにはなにをすればいいんでしょうか。

■楽器をきれいに掃除・磨き上げる

見た目の印象は大きいもの。

汚れ落としは言うにおよばず、専用の布できれいに磨き上げておくようにしましょう。

たとえば、鏡面ツヤ出し塗装のピアノであれば、専用の溶剤を全体にまんべんなく塗布するなど、楽器ごとにベストの方法を選択しましょう。

■付属品をさがし、楽器本体とセットにする

可能な限り付属品や取扱説明書、袋、ケースなどをさがしましょう。

あればきれいにして本体に添付。

付属品の有無で値段が大きく変わります。

■時期を見極めて業者に出す

たとえば、吹奏楽で使用するような楽器なら、春にニーズが高まります。

吹奏楽部に入部した学生さんが欲しがるからです。

また、電子楽器なら一般には新しい商品にニーズが集まりやすいので、長いこと迷わないで早めに手放す決断をすることも大切でしょう。

■複数の業者に買取査定を依頼する

1社だけでなく、複数社に買取査定することで、評価の高い業者がわかることもあります。

とりあえず数社に依頼してみましょう。

「じつは他でも査定してもらったんですが」とひとこと添えるだけでも、見積もり金額に差が大きくでることもあります。

相見積もりに関して言えば、今は口コミがSNSなどネット経由であっという間に拡散されてしまう時代。

「あそこは安い値段で買い取るから」と悪評が広まるのがこわくて、できるだけ他店にひけをとらない価格を提示してくるお店が増えているようです。

あなたの家に「プレミア楽器」が眠っているかも!



地方の知り合いと話していたら、「ひいおばあちゃんが使っていたお箏と三味線が納戸の奥から出てきて、高額で売れた」と言う話が飛び出してきたことがあります。

都心と違い、スペースに余裕がある地方ではたまにある話だそう。

「古い楽器なのに高く売れる」

和楽器だけではありません。

クラッシック音楽に使用するような歴史のある楽器ではバイオリンの「ストラディバリウス」などが知られていますよね。

じつはジャズやポップスのバンドに使用するような楽器・電子楽器ですら、ビンテージ○○、オールド○○などという呼称で1950~1980年くらいまでの楽器が高額で取り引きされているんです。

メインは70年代モノと言っていいと思います。

上でも少し記述しましたが、「通常電子楽器は新しいほど性能がよく、高く売れる」んです。

しかし、1950~1980年当時に作られた「名器」が存在していて、中には○○モデルと名づけられてずっと生産され続けている楽器もあるし、リイシュー(復刻)モデルも作られることもあるのに、やはり「当時のものがいい」とされているんです。

古いからいいのではなく、いいものだからいい。

楽器も時代時代の技術の革新で、製法や材料が変わっているでしょう。

合理的な意味で音質などが向上したり、あるいはコストが下がったり、いいことがあるから変える訳です。

でも、元来の製法・材料で作られた楽器が持っていた「味わいのある音」は失われてしまう。

ビンテージ楽器、オールド楽器と言うのは、そうした魅力が大きいのではないでしょうか。

とにかく、「おじいちゃんが昔バンドにかぶれていたらしい、どこかに楽器があるはず」。

などと言うおうちの方は捜索する価値はあると思います。

人生の先輩から譲り受けた楽器なども、ぜひ型番などを検索してみてください。

すごいレアな楽器かもしれませんよ!

クラシック音楽に使われる楽器の主要メーカー



プロアマでも差があるとは思いますが、おもにクラシック音楽で使われる楽器について、主要メーカーとされているものを一部、挙げていきたいと思います。

定評があるはずですので、楽器を売買する際の参考になさってください。

■ピアノ

ヤマハ、カワイ、ベーゼンドルファー、スタインウェイ&サンズ、ベヒシュタイン、ボールドウィン、チャールズ・ウォルター、メイソン&ハムリン、スチュアート&サンズ、ファツィオリ

■ヴァイオリン・チェロ

モラッシーとビッソロッティ、モラッシーファミリー、ビッソロッティファミリー(以上イタリア)、ギュンター・ローベ、クラウス・クレメント、ハーゲン・ヴァイゼ、R・レオンハルト、T・シュトア、A・プレル、ハインリッヒ・ギル、L・ゼムリンガー、カール・ヘフナー

■トランペット

ヤマハ、バック、ビーアンドエス、シルキー、キューン、ヴィレンベルグ

■クラリネット

ビュッフェ・クランポン、ヤマハ、セルマー、パトリコラ、ヨーゼフ

■ホルン

ヤマハ、アレキサンダー、クノッフ、キューン、ハンスホイヤー、ヴェンツェル・マインル、コーン、ホルトン、ユングヴィルト

■トロンボーン

ヤマハ、バック、キング、クルトワ、ゲッツェン、コーン、エックス・オー

■フルート

ヤマハ、パール、ムラマツ、サンキョウ、アルタス、ミヤザワ、ナガハラ、バーカート、ブランネン、パウエル

■ピッコロ

ヤマハ、パール、バーカート、フィリップ・ハンミッヒ、ヨハネス・ゲルハルト・ハンミッヒ、フィンダ、ブルゲローニ、パウエル

■サックス

ヤマハ、ヤナギサワ、セルマー

■クラシックギター

小平、アランフェス、桜井ギター、桜井・河野ギター、黒澤哲郎、黒澤澄雄

サックスはクラシック音楽でもポピュラー案額でも使われるので、こちらに入れましたが、実際にはジャズ系での演奏がいちばん多いと思います。

ポピュラー音楽に使われる楽器の主要メーカー



主にポピュラー音楽、もしくはDJプレイで使用される楽器・機材の主要メーカーです。

こちらも楽器を売買する際の参考になさってください。

■電子ピアノ

ヤマハ、ローランド、カワイ、カシオ、コルグ

■電子オルガン(家庭用)

ヤマハ(エレクトーン)、ローランド(ミュージックアトリエ)

■シンセサイザー

ヤマハ、ローランド、コルグ、カシオ、モーグ

■ドラム

ヤマハ、パール、タマ、ローランド、ソナー、ラディック・ムッサー(セルマー)、グレッチ

■DJ機材

パイオニアDJ、テクニクス、ローランド、ウーレイ、アレン&ヒース、ネイティブインストゥルメンツ、コルグ

DJ機材、クラブ・ディスコの営業用に関しては、ターンテーブル、ミキサーなど、ほとんどパイオニアDJ一択だそうです

40代半ばの音楽関係者さんが、「ターンテーブルは、むかしはテクニクス一択だったのにな」と驚いておられました。

まとめ



いかがでしたか。

最後に、「どうせたいしたことないんだろ」と家に置きっぱなしにならないように、各楽器の有名ブランドを掲載してみましたが、じつは現行でないブランドは書いてないんです。

いまは生産中止でも、欲しい方はおられるかもしれません。

むしろレアモノでニーズがあるかも…。

そして、別に有名ブランドでなくても、ビギナーの方は練習用とか、はじめて用に購入したいかもしれないんです。

なので、名前が挙がってないどんな楽器でも、まずは楽器買取業者に買取査定を依頼してみましょう。

意外に額が付くかもしれませんし、リユーズでどなたかに大切に使ってもらえるかもしれません。

あなたの愛する楽器がまたどこかで第2の人生が歩めるといいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

記事一覧

使わなくなった楽器を、そのままゴミとして捨てるのは大変勿体ないことです。少しも無駄にしないよう、買取を依頼して ・・・[続きを読む]
昔使っていた楽器の置き場所で困っている人も多いかもしれません。思い出の品でもそのままにしておくのは勿体ないです ・・・[続きを読む]
使わなくなった楽器がある場合、専門の業者に買い取ってもらうのがおすすめです。しかし、業者によって買取価格は異な ・・・[続きを読む]
不要になった楽器がある場合は、ゴミとして捨てるのではなくリサイクルショップなどに買取してもらうのがおすすめです ・・・[続きを読む]
手元にある楽器を楽器買取してもらいたい時、どんなものが必要になるのかきちんと把握しておけば、それほど難しいもの ・・・[続きを読む]
昔使っていた楽器を売る時、できるだけ高く売りたいと思うのが自然な感情です。同じ買い取ってくれるお店でも会社によ ・・・[続きを読む]
楽器は買取をしてもらうことが可能で、要らない物を売って処分できます。しかし、一定の査定基準をクリアした物のみを ・・・[続きを読む]
楽器は買い替えなどで使わなくなってしまうものもありますが、そのまま捨ててしまうのは惜しいものがあります。できる ・・・[続きを読む]
グランドピアノなど大型の楽器を持っている人もいます。 要らなくなったから買い取って欲しいと思っていても、店舗ま ・・・[続きを読む]
使わない楽器がある場合や片づけをするのが面倒な場合、買取サービスを利用するのがおすすめです。 ピアノやギターな ・・・[続きを読む]
楽器の買取店はたくさんありますが、年代ものや製造数が少ないものなど、どの楽器買取専門店でも欲しがっている楽器が ・・・[続きを読む]
昔自分で使っていた楽器が自宅に眠っているというご家庭は少なくありません。 今は使用しなくなっても思い出が詰まっ ・・・[続きを読む]
使わなくなった楽器を処分する場合、処分費用が必要になる事があります。 処分する時はできるのなら手軽で、お金など ・・・[続きを読む]
楽器を買取してもらおうと思っても、知らないうちに壊れていた場合、「壊れていたら値段がつかないだろうな」とか「壊 ・・・[続きを読む]
使わなくなった楽器は、買取に出すことでお得な現金化ができるかもしれません。 その際、少しでも高く売るにはどうす ・・・[続きを読む]
楽器は価値のある物も多いので、そのまま捨ててしまうのは勿体ないと思うことも多いでしょう。 そういった時に利用で ・・・[続きを読む]